スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KDにとらわれすぎない

これはうちのクランの初心者さん達に対して伝えたい事ですが、相手の強さや自分の強さの目安としてKDや勝率を見ることは結構大事ですが、それが全てではないって事が沢山あります

ただ、かならずKDや勝率が高い人低い人には理由があります。

【TR時の野良で感じる表記KDと実質KDの違い】

まず指摘したいのがこれです。

プレイスタイルを例にあげて話したいと思います
★あくまでも一つのプレイスタイルだけを貫いた場合の話です

・設定KD60

【先頭タイプ】
実質KD変化なし
(常に先頭を行くタイブのプレイヤーは集中放火を食らうリスクが高い。そして相手のヘルスが100パーセントの確率が高いため、瞬間的に敵をキルする能力が問われるため)

【芋タイプ(この場合は悪い例として。キャンプタイプとはまた違います)】

実質KD50に低下
(相手の足音をしっかり聞ける時間がある。先頭タイプの刈り残しは敵のヘルスが低下している場合が高いため)

【裏取りタイプ(効果的な裏取りに限る)】
実質KD55に低下

(敵が先頭タイプによそ見している時はうまうまできるが、基本的に単独行動が増えるため複数の敵に囲まれるリスクがある。)

こんな感じです。

特に初心者さんはなかなかキルできず模索中だと思いますが、KDを気にするなら常に実質KDを意識してほしいです。

でも、チームの勝利に貢献できるKillができるかどうかが一番大事です

ここからはかなり独断的な考えですが、
自分の考えでは

ゲーム中に臨機応変にプレイスタイルを変える事ができる人が理想的なんですが

先頭タイプ→キャンプタイプ(個人的に最も怖いです)
に変化できても

芋→先頭タイプ
には基本的に難しいです。

何が言いたいかと言うとうちのクランでは

【TR時は常に先頭を行くようにする】

って方針がありますよね。

その理由がまさにこれだからです。

まずは先頭でKillできるようになるまで頑張ってから効果的な裏取りやキャンプを学んでいく方が後々臨機応変型になれると考えているからです。

目先のKillや成績に捕らわれてしまっているプレイヤーになった瞬間成長は止まります。
少なくとも自分はそう考えてます。

それでも完全に自己満でKDや勝率をあげたいって思うなら

芋って有利ジョインすればいいんです
そうゆう人もいます
でもわかってる人には絶対評価されないと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

KD厨の自分が言うのもあれですがホントその通りだなーと思います。
TRだと勢いでおしきるって場面も多々ありますし、いやでもキルできるようになるはずなんで先頭走れる人が増えてくれるといいんじゃないんですかねー。
裏取ったりキャンプしたりってのは突っ込むだけじゃダメな場面に出くわすようになってからでも遅くないはず。
KD上げたいってときはC4設置したり解除したりすればいいですしね。

No title

すごくいい記事だったのでコメントさせてもらいました。
この内容にはほんとに共感しました。
特にHG戦ではとても大事な考え方だと感じました。

No title

非常に共感を得た記事でとても良いと思います。
こういう事を思ってるクランは非常に良いなと感じます。

ここからは僕の意見ですが。
「先頭でキルできるように頑張ってから」という意見もごもっともだと思います。
ただ僕の意見では「先頭の人に付いていく」っていうのも良いかなと思います。

先頭に立つのはもちろん一番狙われやすいです。
そこに初心者の方が立っても上級者に打ち合いで負ける事が多いかなと僕は思います。
そうなるのであれば上級者が先頭に立ち,その後を初心者が付いていき,打ち合いしてる所にカバーで入りキルする。
僕が考えてるのはこんな感じです。

初心者にとってキルは結構自信が付くと思います。
自信が付けば次第に前に出て行ける人になると僕は思います。

とまあ長くなってしまいましたが、僕の意見を短くまとめるとこのような感じです。
個人個人意見はあると思いますので、僕の意見が受け入れられない方もいると思います。

ただ中にはこういう考えの方もいるんだなという事を覚えていただけると非常に嬉しいです。

長文失礼しました。

今はもうHGについてあんまり口出ししてないのですが、このブログを見ているHG民は多いと思うのでハッキリ言います。

keikuさんが言ってるような事を一種の考え方と自己肯定し、それを「言い訳」に使い、先頭へ行かない人が大勢います。

もちろん正しい考え方ですが、それはある程度ゲームの流れを理解し、その上で何が最適か判断できる方のみ、有効に使える考え方となります。

先頭の人を有効な方法でカバーするのは先頭へ立つ事より遥かに難しいです。

何故なら先頭へ行かなければ先頭の人の考えを理解できないからです。理解しても、それに対する最適な行動を取ることは中々出来ません。

このコメントを読んで「何言ってんだコイツ」ってなった方は確実に影で文句言われ続けてると思います。

嫌味な書き方しましたが、先頭へ行く事でKDが下がったとしても、自分の後ろを走ってる人より確実に強くなるので実践してみて下さい。

久々に真面目にコメントしました。長文失礼!

ありがとうございます

皆さんコメントありがとうございます。
色々と意見凄い助かります
それにうまい人ばかりのコメントでより考えがしっかりしたものになりました。
プロフィール

花園

Author:花園
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。